株式会社 アグリパートナー宮崎

地域農業 (アグリ) の支援組織(パートナー) としての環境保全型リサイクル農業

事業内容

・コントラクター部門
・農産部門
・農業土木部門

HOME»  事業案内

事業案内

Ⅰ コントラクター部門

①飼利用作物の作付と収穫等

・ロール作業 145ha
・サイロ詰 113ha
・細断型ロール 10ha

 

②堆肥の散布 80ha

③耕起 35ha

ロール作業

主にイタリアンライグラスで、刈取りから草混ぜ、集草ロール梱包ラッピングマシーンによる密封。畜舎迄の運搬業務。

サイロ詰

トウモロコシ、ソルガムの刈取・運搬、ショベルによる踏み込みをする。全面刈りのハーベスターにより1日の刈取面積は3ha(条件による)は可能なため、良質の飼料を確保。

堆肥散布

年間を通して需要があり。全国でも有数の畜産の町としては、糞の処理方法として欠かせない。特に露地農家にとっては、品質、量の確保は重要です。高齢化と共に散布作業は重労働の一つだが、当社に依頼する事で、経費と作業の軽減をはかっている。但し、堆きゅう肥に対する規制が16年10月より施行、ほとんどの畜産農家は (頭数による) 堆肥舎を造る事が義務となり、設備の投資や外部に堆肥処理を委託して行く事となる。

耕起

プラウ・ロータリー・深耕ロータリー・サブソイラー・整地・除石・排水等、各農家が大なり小なり保有しているので、年間を通してさほど需要はないが、特殊作業機を完備している為、依頼が有れば内容に応じて作業している。

料金設定

作業毎に料金設定。一部作業によっては(ロール梱包、サイロ詰め等)圃場の条件により、料金設定。受託面積と圃場数により、10a当りの単価が変わる。

人員確保

当社は、適材適所のオペレーターにより対応している。天候や作業の集中により、オペレーター不足時は、免許取得者(ベテラン農家)に緊急応援依頼する事により、従業員年間雇用は最低人員を確保。

Ⅱ 農産部

契約 加工馬鈴薯

主にポテトチップス用で販売。他に加工食材として、サラダ・コロッケ・カレー用等へ販売

75ha

自社生産

 

 

牧草播種

不耕起播種機を用いて適期植付を行っている。

20ha

自社生産

飼料稲(wcs)

地域への個別契約販売と、団体等を通じての県下全域の契約販売。
風雨等で倒れた飼料稲の刈取りも対応可。
刈取りロール時に、乳酸菌を添加し、ラップフィルムは通常より多く巻いている。

 

自社生産刈取

 

畜産農家より受託

飼利用トウモロコシ

県内の畜産農家へ個別契約販売。
トウモロコシ用の不耕起播種機とGPSを導入し、適期播種でコストの引き下げを行っている。

70ha

自社生産刈取

50ha

畜産農家より受託

農産部門作付体系

農産部門作付体系

上記作業は、機械力を駆使して実施しています。現在当社では、各作業のランニングコストを引き下げるため、各品目の面積拡大と大型機械の導入により、作業効率アップ及び経費削減ならびに、適期収穫によるA品率向上に伴い、収益率の向上を図る。


Ⅲ 農業土木部

【 A 】農地基盤整備の受託作業

パワーショベル・ブルドーザー等による作業。
レーザーレベラーや情報化施工機を用いて測量・設計し、施工

【 B 】黒土・盛り土等の販売

客土及び宅地等の整備

【 C 】暗渠排水工事

排水対策、湿田・畑等。ベストドレーン工法を用いたフォアス・暗渠排水工事

【 D 】ブッシュチョッパー受託作業

竹・雑草・小雑木等の伐採と粉砕

【 E 】アースシェーバー受託作業

竹・雑草・小雑木等の伐採・粉砕・集積・積込み

【 F 】ブッシュチョッパー&アースシェーバーの製造販売

NETIS・特許取得

ブッシュチョッパー&アースシェーバー作業状況

ブッシュチョッパー&アースシェーバー作業状況

ブッシュチョッパーの開発は、今から24年程前。畑の周囲草刈、竹、小雑木等を刈る機械はないかと色々な所を探した。畑の草刈機はあったのだが、国内外にもこれというものがなかった。

だったらパワーショベルの先に草刈機をセットしたらどうだろう・・・と考え自社製造を試みたのがきっかけである。このブッシュチョッパーは、雑草はもちろんの事、小雑木(直径15㎝)ツル類・竹等なら何でも刈取粉砕できる為、耕作放棄地の解消工事に大活躍である。民間からの作業も増え、特に近年では官公庁の作業が増えつつある。しかし最近では、刈取粉砕したものを現場の外に搬出する仕事が増え、特に河川・宅地の造成現場はそれが絶対条件となった。

何かいい方法はないかと、試行錯誤し完成したのが、ブッシュチョッパーのアタッチメントで取付するアースシェーバーである。これは、刈取・粉砕・集積・積込まででき、ようやく販売にこぎつけたところである。今後は、バイオエタノールの原料集積にブッシュチョッパー&アースシェーバーが大活躍する事を期待している。