株式会社 アグリパートナー宮崎

地域農業 (アグリ) の支援組織(パートナー) としての環境保全型リサイクル農業

事業内容

・コントラクター部門
・農産部門
・農業土木部門

HOME»  会社案内

会社案内

ご挨拶

当社、(株)アグリパートナー宮崎は昭和58年に設立し、コントラクター(農作業の受託)として発足、また農家の支援組織となり、地元川南町を中心に耕作しつつ、近隣の市町村及び県外まで部分的受託作業を行っています。

農業部門は、契約加工馬鈴薯の生産販売を主体とし、飼料用トウモロコシ、飼料用稲(WCS)の生産販売を行っております。

建設部門は、ブッシュチョッパー&アースシェーバー(平成25年10月 特許取得)による耕作放棄地の整備と河川、山林等の環境整備を実施し、機械の製造販売、及び請負作業を行っている。
近年は、暗渠排水工事や田の区画拡大工事の作業依頼も増加している。

農業は、≪ 人為が3、自然が7 ≫ といわれる位、自然に左右される大変厳しい職種です。
当社では、自分たちの営農にこだわりと責任をモットーにし、今後とも地域農業(アグリ)の支援組織(パートナー)として、遊休農地の有効活用等を積極的に推進し、太陽光発電・バイオエタノールなどの自然エネルギーを利用した環境保全型リサイクル農業を、社員一同で全国に発信してまいります。

株式会社 アグリパートナー宮崎
代表取締役 岩切 久義

地域の概要

活動の拠点である川南町は、宮崎県の中東部、宮崎市から北東へ約35kmの宮崎平野北部に位置している。西に尾鈴山に連なる河成断丘が広がり、標高30m~100m前後の西に高く、東に緩やかな傾斜を持つ平坦な大地が展開し、畑作地帯を形成している。

畑台地の地質は桜島火山帯の黒色火山灰土である。年平均気温17度前後、降水量2,300mm前後、日照時間2,500時間前後と温暖な気候に恵まれた地域である。

戦後、軍用地の解放などにより日本全国から入植者が集まり川南合衆国といわれ、日本3大屈指の開拓地である。総人口16,101人(平成27年12月1日現在)産業人口(2000年国勢調査)は 第一次産業・34.8%、第二次産業・22.3%、第三次産業42.9%となっており、年々一次産業人口が減少しつつある。

当社がある唐瀬原台地は、耕地面積が広い川南町でも最も基盤整備が進んでいる地域であり、大型機械の利用が可能な事がコントラクターの設立に有利であった。農業生産額の70%を占めた畜産が、平成22年4月以降に口蹄疫が大流行し、町内の農業生産構造が変化した。

株式会社 アグリパートナー宮崎 設立の経過

昭和58年

・役員1名、オペレーター3名、連絡調整、事務員各1名、資本金300万円で、当社が国内で初めてコントラクター事業を行う(有)川南農業土木を設立した。

・営業に必要な土地建物は養蚕に使用していた物を利用し、機械購入費、整備費及び運転資金は、部分的に田畑を売却して運営を行った。

・当初の受託作業は、ゴボウの作付前深耕、飼利用トウモロコシ・ソルガムの収穫運搬、堆肥の生産と販売であった。

・冬期の余剰労務対策として、圃場整備なども行う事とした。

平成4年

農業生産法人となる。

平成5年7月

社名を「農業生産法人有限会社 アグリパートナー宮崎」に変更。

平成21年8月

株式会社に変更し、建設業の許可を取得。

平成27年12月現在

役員2名、事務員1名、各種免許取得技能士20名、雇用安定対策としてハローワーク等を通じ、20名程度のパートを雇用し、各種農業生産、農業土木作業にあたる。

作業の様子

作業の様子

会社概要

会社名

アグリパートナーズ株式会社

代表

小野 隆一

設立

2018年11月

所在地

〒889-1301 宮崎県児湯郡川南町大字川南18058番地

連絡先

TEL:0983-32-0319   FAX:0983-27-5497

MAIL

info@agripartner.co.jp

営業時間

8:00~17:00

定休日

日曜・祝祭日他

事業内容

・土木機械製造(ブッシュチョッパー&アースシェーバー)
・農業土木部門(圃場整備、荒れ地の伐採開墾)

会社概要

会社名

株式会社 アグリパートナー宮崎

代表

岩切 久義

設立

1983年

所在地

〒889-1301 宮崎県児湯郡川南町大字川南18058番地

連絡先

TEL:0983-27-6140   FAX:0983-27-5497

MAIL

info@agripartner.co.jp

営業時間

8:00~17:00

定休日

日曜・祝祭日他

事業内容

・コントラクター事業(農作業受託)
・農産部門(飼料用作物、加工用作物の生産)

アクセスマップ